エスエルぎんが

SL銀河

SL銀河とは、JR東日本が釜石線で運行する蒸気機関車牽引の臨時列車のこと。2014年4月12日より土休日を中心として、釜石-花巻間を年間80日程度運行する。東北地方を旅行する観光客にSL体験を提供することで、観光面から東北の復興と地域活性化を支援するという目的で導入された。

蒸気機関車は「C58形239号」、客車は「キハ141系」で、機関車を除くと4両編成となっている。なお、C58形239号は1972年に引退した後、岩手県営運動公園に展示保存されていたものを42年ぶりに復活させたもの。また、キハ141系はディーゼルエンジンを搭載した気動車となっており、釜石線の勾配の厳しい区間では自ら走行して機関車をアシストする。

客車の外観および内装デザインには、岩手県にゆかりのある宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」がモチーフとして使用されており、「SL銀河」の名称も同作品にちなんでいる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1069>  2014.4.11更新