キューシーサークル

QCサークル

QCサークルとは、品質管理活動を現場段階で行う際に組成される、同じ職場内の従業員による小グループのこと。一般的に10名までで構成される。この「QCサークル」によって行われる、継続的な品質向上のための活動を「QC活動」という。ちなみにQC活動のQCとはQuality Controlの略で、科学的に品質を管理する手法を意味する。

QCサークルの特徴は、自主的かつ継続的に行われる活動であるという点にある。そして、品質向上を目指すだけではなく、日常的な作業の改善も実施し、生産性の向上へと結びつけている。このような取り組みは日本の生産現場における強みとされている。

しかし、QCサークルはそれぞれの職場で成果を出すものの、全社的な視点には欠けているとされる。その視点を取り入れて全社的な活動としたものが、全社的に品質管理を行うために全従業員がQCを理解し、組織全体で製品の品質を高めようとする手法の「TQC(全社的品質管理)」である。

  • TQC  【Total Quality Control】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<67>  2009.1.5更新