PiTaPa 【 ピタパ 】

PiTaPaとは、関西圏の私鉄、バス会社が共同で発行している定期券、プリペイド機能をもっているICカード。1枚で私鉄、JR、バスの乗車券、定期券、電子マネーとしての利用することができる。関西の私鉄、バスには後払いであるポストペイ機能で乗ることもできる。関西圏の私鉄、地下鉄、バス会社によるスルっとKANSAI協議会が発行している。

2004年にサービスが始まった。2009年現在利用範囲は関西圏とJR西日本ICOCAエリアとなっている。ただしICOCAエリアでポストペイ機能を使うことはできない。

乗車の際は前もってチャージと呼ばれる入金作業をしておき、自動改札機で自動的に精算される。よって自動券売機で切符を買う必要も、途中下車や定期区間外乗車のために窓口精算する必要もない。パスケース等に入れたままでも、改札機または精算機にタッチすれば精算される。カードにチャージすることで1枚のカードを繰り返し利用することができる。

定期としての利用やPiTaPaとともに発行されるクレジットカードminapitaによる買い物でポイントを得ることができ、ためたポイントで交通機関の運賃割引を受けることができる。

当初は定期券機能をつけなかったこともあり、他のICカードに比べて普及のスピードが緩やかだった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<231>  2009.9.16更新