おーいーえむ

OEM

OEMとは、他社から販売される製品を製造することや、その製造を行う企業のこと。「Original Equipment Manufacturer」の略で「相手先ブランドによる製品の生産者」と訳される。米国IBM社が1950年代につくった造語である。

自動車業界におけるOEMでは、他社ブランドの自動車を製造する「OEM供給元」と、他社にて開発、製造された自動車を自社ブランドとして販売する「OEM供給先」が存在する。OEM供給先がOEM提供元で製造されている自動車を自社向けにも製造してもらい、自社ブランドとして販売するという形の一種の提携事業である。

OEM供給先は、自動車の新規開発の時間や費用などのコストをかけることなく自動車を販売できるというメリットがあり、OEM供給元にとっては、生産量が増加し、開発費用に対する収益が向上するといったメリットがある。

なお、製造元の企業をOEM元、供給先の企業をOEM先と呼ぶことが多いが、逆に製造の委託元の企業をOEM元、委託先の企業をOEM先と呼ぶ場合もある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<833>  2011.12.5更新