エムディーはちじゅういちがたき

MD81型機

MD81型機とは、米マクダネルダグラス社(現ボーイング社)製の航空機のことで、1985年に日本エアシステムの前身である東亜国内航空に導入され、日本エアシステムが日本航空に吸収されてからは日本航空の地方路線で運行された航空機。

全長45メートル、163人乗りのジェット機で、尾翼がT字型となっており、エンジンが機体後部についているのが特徴となっている。就航から25年に渡って活躍したが、2010年9月に利用が中止された。

燃費などの面でコストがかかるとされており、2010年に会社更生法を適用した日本航空が裁判所に提出した更生計画案で利用中止が盛り込まれていた。更生計画案ではボーイング747-400型機、エアバスA300-600型機、MD-90型機の利用中止も盛り込まれている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<640>  2010.10.1更新