ジェイアールはかたシティ

JR博多シティ

JR博多シティとは、JR博多駅に設けられた駅ビルのこと。博多駅の博多口側にあり、所在地は福岡県福岡市博多区博多駅中央街である。地下3階、地上10階建てで、延べ床面積は約20万平方メートル。JR九州の子会社である博多ターミナルビル株式会社が管理運営している。2012年3月12日の九州新幹線鹿児島ルートの全面開業にあわせて、同年3月3日に開業した。

博多駅はJR在来線や九州新幹線、山陽新幹線、福岡市営地下鉄が乗り入れる九州最大のターミナル駅である。JR博多シティは、1889年に開業した博多駅の4代目の駅舎となる。阪急阪神百貨店が運営する「博多阪急」や、約230の店舗による専門店街「アミュプラザ博多」、飲食街「博多1番街」に加えて、ホールや貸し会議室、イベントスペースが入居している。また、屋上には庭園が設けられている。一日平均10万人の来館者数と、年間700億円の売り上げが見込まれている。

/
/
<691>  2011.3.3更新