ジェイシーぜろはちモードそうこうねんりょうしょうひりつ

JC08モード走行燃料消費率

JC08モード走行燃料消費率とは、国土交通省によって定められた方法によって算出された燃費のこと。自動車メーカーが販売する各車種に、燃費の参考値として表示している。JC08モード法はシャシーダイナモ上というテスターの上で自動車を走らせ、さまざまなパターンを計測することによって得られる数値となっている。

従来、燃費を測る基準として10・15モード法という方法が取られていたが、より実際の自動車の燃費に近い数値がとれるとされるJC08モード法が採用されるようになり、2011年4月以降のカタログではJC08モード法による燃費の記載が義務付けられるようになった。

10・15モード法では、エンジンが温まった状態から測定していたのに対して、JC08モードではエンジンをスタートさせ、温めるコールドスタートからの計測を取り入れいているほか、測定時の最高速度を80km/hにしたり、測定距離や時間をを延ばしたりするなど、より実際の燃費に近い数値にしている。

/
/
<632>  2010.9.23更新