ジャフ

JAFJapan Automobile Federation 日本自動車連盟

JAFとは、日本の自動車ユーザー団体のこと。1963年4月に設立された。愛称のJAFは、「Japan Automobile Federation」を省略したもの。2005年には二輪車のロードサービスも開始した。なお、JAFマークのデザインは、フランスのアモーレットという文字を組み合わせて作られている。

年中無休、24時間、全国ネットで、利用回数に制限を設けないロードサービスを提供しており、駐車場などの路上以外の場所もサービスの対象となっている。ほとんどのトラブルにおいてサービス料金は無料となっているが、部品代やガソリン代などの実費がかかるほか、15km以上のけん引、会員無料の範囲を超える作業などの場合には料金が発生する。

会員の種類は、JAFに個人で入会している個人会員のほか、個人会員と同居、または生計を同一にする家族を対象とした家族会員、JAFに会社名や団体名で入会している法人会員の3種類が存在する。個人、家族会員は、運転や同乗中を問わず、レンタカーや他人名義の車両であっても、対象車種であれば会員証の提示によりロードサービスを受けられる。しかし、法人会員は会員証に記載されている車両番号の車両のみがロードサービスの対象となる。なお、家族会員は個人会員に1人に対し、5人までの入会が可能。

また、ロードサービス以外にも、個人会員、法人会員は、年に10回、自動車ユーザー向けの機関誌「JAF Mate」が送付されるほか、会員証の提示によってJAFの提携施設で割引などの特典が受けられる。

/
/
<1026>  2013.1.24更新