アイアールいしかわてつどう

IRいしかわ鉄道

IRいしかわ鉄道とは、2015年春に北陸新幹線が金沢まで延伸開業するのに合わせ、石川県内の在来平行線を引き継いで運営する第三セクターの鉄道会社。石川県、金沢市、津幡町などが出資している。

北陸新幹線は2015年春に長野 金沢間が開業する予定で、同区間の在来線では利用客が減少することが見込まれるため、JRから経営分離されることになっている。このうち石川県内の区間の運営を引き継ぐために、沿線自治体などの出資により2012年8月に石川県並行在来線株式会社が設立され、2013年8月にIRいしかわ鉄道株式会社に改称した。また、2014年2月には、国土交通省より第一種鉄道事業者として認可を受けた。

IRいしかわ鉄道という社名は公募により決定されたもので、「愛のある鉄道」「JRの一歩先を行く」などの意味が込められている。

/
/
<1071>  2014.4.22更新