アイピーシーシー

IPCCIntergovernmental Panel on Climate Change 気候変動に関する政府間パネル

IPCCとは、気候変動の原因や影響について、科学的に検討し評価・助言をする国際機関のこと。WMO(世界気象機関)とUNEP(国連環境計画)の協力の下、1988年に設立された。現在は、最高決議機関である総会と、科学的評価を担当する第1作業部会、影響・適応・脆弱性についての検討を担当する第2作業部会、緩和・横断的事項を担当する第3作業部会から成る3つの作業部会、及びインベントリー・タクスフォース(各国における温室効果ガスの排出量・吸収量の目録に関する計画の運営委員会)で構成される。参加者としては、政府関係者のほか、多数の科学者がいる。IPCCが発表する報告書や資料などは、温暖化ガス削減目標を定めた京都議定書の基礎になるなど、国際的にも非常に重視されている。IPCCでは、参加した科学者は新たな研究を行うわけではなく、発表された研究のみ評価を行う。また、科学的知見をもとにした政策立案者への助言を目的としており、政策の提案は行わない。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<13>  2007.12.4更新