イーにひゃくごじゅうななけい

E257系

E257系とは、JR東日本の特急形電車の車両の一つ。0番台と500番台の2種類の区分があり、各路線で運行されているほか、臨時列車としても幅広く利用されている。2001年12月に運行を開始し、最高速度は時速130kmである。2002年に第45回「鉄道友の会ブルーリボン賞」を受賞した。

183系や189系の老朽化に伴う入れ替えを目的として開発され、E653系の「フレッシュひたち」 、E751系の「スーパーはつかり」の基本構造をベースに、通勤電車として運行しているE231系の新しい技術も導入している。車両は景色を楽むための大きな窓が特徴で、空調環境の新しい工夫として、車内の温度を快適にするために、荷棚の先端付近から冷温風が出るシステムが導入されている。

0番台は新宿駅-松本駅を結ぶ中央線特急「あずさ号」と新宿駅-甲府駅を結ぶ「かいじ号」向けの車両。車両故障や遅延などの理由によりE351系の代走として「スーパーあずさ」の運用に入る場合もあるが、E351系ほどは速くはないため、ダイヤ変更が必要となる。

500番台は内房線特急「さざなみ」と外房線特急「わかしお」、「しおさい」と千葉県の成田、鹿島線特急「あやめ」に投入された。房総地区の183系と189系のすべてがE257系に置き換えられている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<862>  2011.12.16更新