デューゼル

DeuSEL 【 デューゼル 】

DeuSELとは、ユーグレナ社が開発したミドリムシを原料としたバイオディーゼル燃料のこと。ミドリムシの油脂分から精製した成分を軽油に混合したバイオディーゼル燃料となり、ディーゼル車のエンジンに負担をかけることなく利用できる。「DeuSEL」は、「Diesel(ディーゼル)」とミドリムシの学名「euglena(ユーグレナ)」を組み合わせた造語。

ミドリムシの屋外大量培養技術を持つユーグレナ社が1年をかけて開発したバイオディーゼル燃料で、世界で初めてミドリムシを原料として採用した。なお、バイオ由来成分の混合率を高めると、車両のエンジンには特別なケアが必要になるため、バイオディーゼル燃料の現行の規格通り、ミドリムシ由来の成分の混合率は5%以下となっている。

ユーグレナ社と共同研究を行ういすゞ自動車の社用シャトルバスにて、2014年7月よりDeuSELの利用が開始される。また、両社では共同研究により、100%ミドリムシ由来の次世代バイオディーゼル燃料の開発と実用化を目指している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1092>  2014.6.30更新