ビーエーエーマーク

BAAマーク

BAAマークとは、自転車協会が制定する、自転車の安全基準を満たした自転車に貼られるマークのこと。2004年9月から開始された制度で、安全基準に加え、環境負荷物質使用削減を取り入れている。

自転車の製造業者や輸入業者が、販売する自転車が消費者からの信頼を得られるようにBAAマークを付けたい場合は、自転車協会が設ける厳しい基準をクリアしなければならない。安全基準は、日本工業規格をベースとしながら、ライトの点灯に関することなどさらに厳しい条件を加えたものとなっている。特に3人乗り自転車については、BAAマークのあるものを使用することが求められている。

ユーザーにとってはBAAマークがついていれば安心であるだけではなく、もし製造上の欠陥で事故が発生した場合には、製造業者もしくは輸入事業者によって補償されるというメリットがある。

/
/
<569>  2010.7.28更新