エービーエス

ABSAntilock Brake System アンチロックブレーキシステム

ABSとは、急ブレーキをかけてもタイヤがロックする事を防ぐ、ブレーキを補助するシステムのこと。

車が止まるときにタイヤがロックしてしまうと、それ以上タイヤの回転力を落とす事ができず、止まる術はタイヤのゴムの摩擦抵抗のみになってしまう。

また、タイヤがロックしてしまうと、タイヤが路面をつかみきれず(グリップせず)、ハンドル制御が不能となってしまう。車が路面を滑っているような状態である。

よって、タイヤがロックしてしまうと停止距離が長くなり、ハンドル制御が不能となる。

そこで、ABSは状況を瞬時に判断し、ブレーキを踏むだけで、タイヤがロックしていたらブレーキを緩めてハンドル制御を可能とし、ロックしていなければフルブレーキでただちに止まることを、超スピードで自動的に何度も繰り返すことができるシステムである。タイヤがロックしようとしても断続的にブレーキ圧を緩めて、ポンピングブレーキをかけているような状態となる。

これにより、急ブレーキをかけた時でも方向転換ができ、クルマの安定性も保たれるということになる。

ただし、フルブレーキを踏んでABSが作動すると、ブレーキペダルが連続的に強い力で押し返してくる(ブルブルする)ことがあり、また、大きな音がすることもあるのでびっくりしてブレーキを離してしまいそうになるが、強い力で踏み込み続けなければABSは正常に作動しないので要注意。

以前の雨の日や雪道などでは、数回に分けてブレーキを踏み込んで停止する運転技術であるポンピングブレーキによりタイヤのロックを防いでいたが、最近の乗用車にはほぼABSが装着されているため、ポンピングブレーキは不要となりつつある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<104>  2009.1.28更新