いちえんたんいうんちん

1円単位運賃

1円単位運賃とは、鉄道やバスの1円刻みの運賃のこと。2014年4月の消費税増税に伴い、首都圏などの鉄道やバスでICカード利用時の運賃として、1円単位運賃が導入される。これにより、切符や現金による乗車とICカード利用で運賃が異なる二重運賃が生まれることになる。

従来、鉄道やバスでは自動券売機などを利用することを前提に運賃は10円刻みとなっており、運賃を値上げする場合も10円単位の値上げとなっていた。しかし、10円刻みの場合、消費税の増税分を適正に転嫁することが難しく、増税分を上回る値上げは利用客の理解を得られないなどの問題があった。そこで、2014年4月の消費税増税を前に、一部の鉄道会社などがICカード利用に限って運賃を1円単位で値上げし、1円刻みにすることを検討し始め、運賃を認可する国土交通省からも認める方針が出された。

1円単位の値上げがICカード利用に限られるのは、ICカードで運賃を支払う場合、釣り銭が発生することがないためで、一方、切符の場合は自動券売機の大規模な改修が必要となることから、従来通り10円単位の値上げとなる。そのため、ICカードと切符の利用では、同一区間で二重運賃が生まれる。

首都圏の鉄道が1円単位運賃を導入する一方で、関西では従来通りICカードでも10円単位の値上げとなり、1円単位運賃の導入は見送られた。これには、定期券を使わない乗車に関して、ICカードの利用率が首都圏では8割に上るのに対し、関西では4割以下となっていることが背景にある。

  • JR東日本  【東日本旅客鉄道株式会社】
  • JR  【Japan Railways】
  • Suica  【スイカ】
  • JR西日本  【西日本旅客鉄道株式会社】
  • 定期券  【定期乗車券】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1052>  2013.12.29更新