つるまる

鶴丸

鶴丸とは、日本航空(JAL)のロゴマークの愛称のこと。JALの航空機の尾翼に描かれるほか、社章として用いられる。円形に翼を広げた赤いツルが空を舞う姿を描いたもので、ツルの胴体に「JAL」の文字が刻まれている。1959年に登場したロゴマークであり、JALの象徴として長年親しまれてきた。しかし、2002年に日本エアシステム(JAS)と統合したのを契機に、「The Arc of the Sun(太陽のアーク)」と呼ばれるロゴマークが採用され、鶴丸は順次、航空機の尾翼からも姿を消していった。

2010年に経営破綻したJALは、2011年3月末に会社更生手続きを完了した。その際、鶴丸のロゴマークを同年4月から復活させることが発表された。以前のロゴマークをそのまま採用するのではなく、翼の切れ込みを深くしてスピード感をもたせたデザインに改良された。また、「JAL」の文字は太い斜体となり、「A」の横棒が描かれるようになった。

鶴丸の復活には、初心、原点に戻り、新生JALをつくるという思いが込められている。また、JALが商標権を持つロゴであり、デザインにかける費用や時間を節約できる点も鶴丸復活の理由とされる。

  • PM  【粒子状物質】
  • FF  【前輪駆動車】
  • TB  【料金所】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<706>  2011.4.6更新