こうそくどうろむりょうか

高速道路無料化

高速道路無料化とは、2009年9月に政権に就いた民主党が表明する政策のひとつ。首都高速と阪神高速を除く日本の全ての高速道路を無料とする制度。2009年現在導入されている高速道路休日1000円の社会実験を続けながら、段階的に無料化していき、2012年までに首都高速と阪神高速を除いて全て無料化するというもの。

流通コストの引き下げを通じて、国民の生活費を下げることや、商品の産地から消費地へ運びやすいようにし、地域経済を活発化すること、高速道路の出入り口を増設し、今ある社会資本を有効に使うことで渋滞などの経済的損失を軽減することを目的としている。

一方で高速道路が無料化すれば、交通量が増え、二酸化炭素の排出量が3割増加するという試算も出ており、環境問題を懸念する声もある。

2009年の衆議院総選挙での、民主党のマニフェストのなかでも目玉政策のひとつとなっていた。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<238>  2009.9.25更新