こうそくどうろさいみんげんしょう

高速道路催眠現象 【 ハイウェイヒプノーシス 】 高速催眠現象

高速道路催眠現象とは、高速道路を走行中に起こりうる、眠気を催す現象のこと。

事故などおこりそうもない、広々としたまっすぐなハイウェイで事故が多発する現象などから研究されている。アメリカなど海外でも多発している現象である。

夜の高速道路などは、車も少なく、ヘッドライトに照らされた路面だけが目に入り、信号もなく景色もあまり見ることができないために脳に刺激となるものがほとんどない。速度の変化もほとんどない。よって、道路に引かれた白線が一定のリズムで目に入ってくることで催眠効果のようになってしまう。このような意識レベルの低下、脳の休息状態によって引き起こされる現象である。

このような状態を打破するには、パーキングなどで仮眠をとることや、体を動かすこと、また、ガムをかむなどの策がある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<99>  2009.1.28更新