こうそくどうろこうつうけいさつたい

高速道路交通警察隊 【 高速隊 】

高速道路交通警察隊とは、安全で安心な高速道路実現に向けて警視庁や各道府県警察本部の交通部に設置されている執行隊のこと。

警視庁では1971年に発足し、東京都内の首都高速環状線や高速自動車国道など総延長350.467kmを管轄している。管轄道路上で起こった交通事故で、110番又は非常電話から通報があった場合に、直ちに出動して、負傷者の救護や事故の原因調査などを執り行うほか、事故を未然に防ぐためにも白バイやパトカー、自動速度取締り機などにより、交通違反を取り締まっている。

さらに、国賓や公賓が高速道路などを使用する際に警備を行い、道路情報板により交通規制などの情報を提供している。

またパーキングエリアサービスエリアなど高速道路内での遺失届けや、拾得届けを受理する業務などもある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<146>  2009.3.9更新