しゅとこうそくわんがんせんわりびきしゃかいじっけん

首都高速湾岸線割引社会実験

首都高速湾岸線割引社会実験とは、首都高速神奈川線の横浜方面出入り口と、羽田空港(湾岸線の湾岸環八出入口または空港中央出入口)までの区間で実施される料金割引のこと。それによる横浜方面から羽田空港へのアクセスの改善効果などを検証することを目的とする。

実施期間は2008年9月30日まで。対象車両はETC無線通行車である。料金は普通車の場合で、通常料金の900円から700円になる。大型車の場合は1,800円から1,400円となる。また、割引時間は月曜日から土曜日は6時から9時前まで、及び18時から22時前まで。日曜と祝日は6時から22時前までとなっている。

ちなみに上記の実験は、国土交通省関東地方整備局、国土交通省東京航空局、横浜市、川崎市、首都高速道路株式会社で構成される「首都高速湾岸線(横浜地区)割引社会実験協議会」が主体となり実施されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<45>  2008.7.9更新