ひじょうでんわ

非常電話

非常電話とは、高速道路などに1qおきに(トンネル内は200mおきに)設置されている緊急通報用電話のこと。料金は不要で、一般電話などには通じない。

交通事故や災害時、車両トラブル時などに使用する。

ほとんどの非常電話が、受話器を取るだけで日本道路公団の係員につながる仕組みになっており、事情を説明すると警察やJAFへ電話をつないでくれる。また、会話が不自由な方のために故障、事故、救急、火災の緊急状態をイラスト・日本語・英語で表示したボタンを備えたものも設置されている。

他に、必要な電話番号が記されているダイヤル式や、警察、故障、公団のいずれかを選択して押すボタン式などもある。非常電話で電話中など、高速道路で停車する場合は、ハザードランプを点灯し、三角停止表示板などで後続車へ停車中であることを知らせる必要がある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<118>  2009.2.12更新