あおキップ

青キップ 【 交通反則告知書 】 青色切符

青キップとは、自動車のドライバーによる違反行為のうち、比較的軽微な違反である反則行為をした場合に渡される書類のこと。反則内容や反則をした日時、ドライバーの情報などが記載されている縦に長い長方形の青い書類となっている。反則を取り締まった警察官や交通巡視員から渡される。

交通反則告知書と共に反則金の納付書が渡され、反則者は8日以内に納付書に記載された金額を銀行か郵便局に納める。納めれば手続きは終了する。8日以内に納めなかった場合は、通告センターに出頭し、反則金納付の通告を受ける。この日を含め11日以内に納付書の金額を支払えば手続きは終了するが、支払わなかった場合は、刑事裁判か家庭裁判所の審判を受けることになる。

反則行為は、比較的軽微な違反行為であることから、決められた期間内に反則金を納付することで、裁判所からの審判が免除されるが、反則行為より重い違反行為については裁判所からの審判を、罰金、禁錮、懲役などのかたちで受けることになる。ちなみに納められた反則金は、交通安全対策特別交付金として都道府県や市町村に交付され、信号機道路標識、横断歩道橋などの交通安全施設の設置に用いられる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<649>  2010.10.19更新