でんきバス

電気バス 【 EVバス 】

電気バスとは、電気を動力として走るバスのこと。電気自動車の一種で、EVバスとも呼ばれる。バッテリーに蓄えられた電気を使い、モーターで車輪を回転させることで走行する。排気ガスを出さないため環境に優しいうえ、振動が少なく車内が静かであることが特長。

電気バスの歴史は古く、1940年代には大阪市や尼崎市などの一部地域で運行されていた。しかし、充電に時間がかかり、走行距離も短かったため、その後はディーゼルバスの普及が進み、電気バスは見られなくなった。2000年代になると、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車の製造が開始され、同様に電気バスでもリチウムイオン電池を搭載するに至った。

2012年に始まった地域交通グリーン化事業では、国土交通省がバス事業者に対して、電気バスを導入する際の費用の半分を補助金として交付している。これまでに、京成バスが運行する墨田区内循環バスや、京都市の京都急行バスなどで、補助金を利用して電気バスが導入されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1169>  2015.5.1更新