しゅうちゅうごうう

集中豪雨

集中豪雨とは、狭い範囲に集中して降る大雨のこと。何時間も同じ場所で降り続くのが特徴で、大きな災害につながる場合がある。集中豪雨は日本付近に前線が停滞しているとき、台風が日本へ近付いているときや上陸するとき、大気の不安定な状態が続き、次々と雷雲が発生するときに発生する。

集中豪雨は河川の増水、氾濫、土砂崩れ、がけ崩れを引き起こし、家屋への浸水、道路への冠水、地下への水が流れ込むなどの災害の原因となる。

集中豪雨が起きる場合に備えて、住んでいる場所のハザードマップを把握し、いざという時の避難場所を確認することが必要となる。また、普段からの天気予報に注意し、大雨警報や洪水警報が発表された場合、避難の準備をする。危険なときは、避難勧告、避難指示が地域で放送されるが、勧告や指示がなくても自ら危険と判断した時は非難する必要がある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<658>  2010.10.23更新