はんしんこうそくどうろ

阪神高速道路

阪神高速道路とは、大阪府、兵庫県を中心に京都府まで広がる高速道路阪神高速道路株式会社が管理運営を行う。総距離は264.5km。

阪神東線、阪神西線、阪神南線、京都線に大別され、さらに路線ごとに番号が付けられている。1桁の番号は基幹路線、10番台は1号環状線からの放射線であることを意味している。各路線は以下の通り。1号環状線、2号淀川左岸線、3号神戸線、4号湾岸線、5号湾岸線、7号北神戸線、8号京都線、11号池田線、12号守口線、13号東大阪線、14号松原線、15号堺線、16号大阪港線、17号西大阪線。その他に湾岸垂水線、31号神戸山手線がある。

料金は普通車で阪神東線が700円、阪神西線と阪神南線が500円、京都線が450円で、さらにETC割引もある。ETC割引は時間帯によって値引き額が異なる。他にも路線の末端部分や料金圏境で特定料金区間がある。

1964年に1号環状線が部分開通して以来、増設されて今に至っている。現在も6号大和川線など建設が進められる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<195>  2009.8.18更新