てつどうでんわ

鉄道電話 【 鉄電 】

鉄道電話とは、駅や鉄道施設の専用電話回線のこと。略称は鉄電。ソフトバンクテレコム(旧日本テレコム)に申し込めば一般人でも敷設することができるが、音質が悪い場合もあり、一般電話にはつなぐことができない。ホテルや、鉄道車両の部品関係の企業、また、通運会社などが敷設している場合がある。

鉄道会社では、社内の電話を「鉄電」または「内線」と略し、NTT回線の一般電話のことを「公衆回線による電話」という意味で公衆電話と呼び分けることがある。鉄道にとって通信は安全運行確保等に必要不可欠な設備で、鉄道の信号と通信には深い関連性がある。

旧国鉄では、鉄道電話をスムーズに運用するため、1935年に鉄道電話規程や鉄道電話取扱心得を定めている。これによると、鉄道電話を非常通話(非常事故や最大緊急事項に関する通話)、試験通話(回線障害の復旧などに関する通話)、定時通話(一定の急速用件に関して毎日一定時刻に行う通話)、運輸通話(運輸上の緊急な通話)、通常通話(その他の通話)に定めて緊急度を設定するなど、正確・敏速・効率的な運用をはかっている。

また、電話交換機の自動化に伴い、鉄道電話の回線はテレタイプによる文書伝達システムやコンピュータによる座席予約システム(マルス)などの通信インフラにも使われるようになった。以前使われていた通票開塞式の専用電話機は、ダイヤルはなく、端末機のわきにハンドルがついている電話機で、ハンドルは磁石式の発電機になっており、これを回して発電させた電気によって先方のベルを鳴らしたり、交換機の表示を作動させる石式電話機であった。このタイプの電話機は、構内電話や区間電話など、交換機を経由せず相互のみで通話する回線以外、旧国鉄では1979年になくなっている。

最近では、データ伝送特性に優れた光通信網の整備が進んでいる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<239>  2009.9.25更新