てつどうそうけん

鉄道総研 【 鉄道総合技術研究所 】

鉄道総研とは、鉄道に関して機械工学や人間工学などの面から研究を行っている財団法人。正式名称は公益財団法人鉄道総合技術研究所で、日本のJRグループの一員であるが、ほかのJRグループの会社とは異なり財団法人となっている。国鉄解体に伴い、1987年4月1日に国鉄の鉄道技術研究所や技術開発部門、各研究所を統合して作られた。JRはJapan Railwayの略で日本鉄道と訳される。

安全性や乗り心地、低コスト化、環境性能などの鉄道技術の向上を目標に研究を続けている。具体的には鉄道の技術、利用者の安全性を守る装置や設備、経済性の高い路線建設や、ラッシュ時の効果的な利用客導線の設定に加えて、エコや騒音の減少化など環境に配慮した研究も行っており、数多くの特許も持っている。

2010年には、簡易な地震被害予測手法の研究結果の発表も行っており、研究内容は鉄道にとどまらず、多岐に渡っている。研究は国土交通省の補助金を受ける場合もあり、ほかにも重大な鉄道事故が発生したときに、国土交通省と共に事故原因の調査などを行うことがある。

研究所所在地は東京都国分寺市光町で、「光町」のネーミングは研究所が開発を行った新幹線「ひかり」号に由来している。ほかにも2つのオフィス、4つの実験所を構える。コーポレートカラーは薄紫色。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<861>  2011.12.13更新