じゅうてんこうわん

重点港湾

重点港湾とは、国の重要港湾のうち、2010年以降国の集中投資がなされる43の港湾のこと。日本の港湾のうち、国際および国内海上輸送の拠点となり、重大な利害をもたらす重要度の高い港湾のことを重要港湾といい、103港指定されている。

103の重要港湾のうち、貨物の取扱量が特に多い、将来の成長が見込める、地域経済への貢献という視点から選ばれたのが43の重点港湾となっている。

国が全ての重要港湾に新規投資をしなくなる背景には、国全体として公共工事を削減する傾向にあることがある。重点港湾に選ばれなかった60の重要港湾は新規投資はしないが、引き続き事業を継続する。

/
/
<580>  2010.8.4更新