しゅきおびうんてん

酒気帯び運転

酒気帯び運転とは、1リットルあたり0.15ミリグラム以上のアルコール濃度が検出される状態でする運転のこと。道路交通法で禁止されている行為であり、刑罰の対象となる。酒気帯び運転の判断はアルコール検知器によってなされる。

酒気帯び運転は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金、さらにアルコール濃度が0.25mg/1L以上の場合は違反点25点、免許取消処分がなされ、欠格期間は2年、アルコール濃度が0.15mg以上0.25mg未満/1Lの場合は違反点13点、免許停止処分がなされ、停止期間は90日となっている。

なお、酒気帯び運転以外の飲酒運転として、酒酔い運転がある。酒酔い運転は検出されるアルコール濃度にかかわらず、正常な運転が困難な状態であることで、足元がふらついている、顔が赤いといった状態から判断される。酒酔い運転は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金、違反点35点、免許取消処分がなされ、欠格期間は3年となっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<627>  2010.9.18更新