うんてんせいり

運転整理

運転整理とは、鉄道などの運行の遅延や障害が発生した場合に、正常運転に戻すために行うダイヤの整理のこと。1本の列車のわずかな遅れでも、これが他の列車の運行に影響を与え、ダイヤ全体が混乱する恐れがあるため、ダイヤの復旧に必要な運転計画を策定することが必要となる。

具体的には、一部列車の運行取り消し、列車の運転時刻や特急、急行、各駅などの種別の変更、運転順序の変更、駅の発着線の変更、臨時列車の運転など、さまざまな作業が発生する。以前は、駅長が隣接駅長と打ち合わせて運転整理をしていたが、現在は運転指令所で、指令員の経験と勘に基づき人手で行われていることが多い。

担当者はダイヤグラムを構成している列車の性格を熟知しているほか、各駅の構内配線、ホームの長さにも精通していなければならない。

ただし、混乱した現場の情報収集の困難さや、リアルタイム性、運転整理手法の評価のしずらさなど問題点も多く、対処に様々な手法が取り入れられているところである。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<245>  2009.9.30更新