けいゆ

軽油 【 ディーゼル燃料 】

軽油とは、原油から精製される石油製品の一つ。主に自動車、鉄道、船舶などへのディーゼルエンジン燃料として使われている。その名称からか軽自動車に入れて、車が故障する事例がしばしあるが、軽油はディーゼル車用の燃料であり、ガソリン車である軽自動車には使用できない。

ディーゼル車用燃料として使う軽油の取引には軽油引取税がかかる。これはトラックなどの燃料に使う軽油を購入する際に課される地方税で、1956年に導入されて道路特定財源となっている。ただし、近年では一般財源化が議論されている。

また、軽油引取税の脱税を目的に重油・灯油などを混合して、軽油引取税を上乗せした価格で軽油と偽って販売する不正軽油が問題となっている。この不正軽油は脱税と犯罪行為であることはもちろん、排ガス中の有害物質を増加させるため大気汚染などの社会問題も引き起こしている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<36>  2008.4.8更新