しゃかんきょり

車間距離

車間距離とは、自動車などを運転している時の前車との距離のこと。

先行する車から、その車の後を走行する車両までの距離のことである。

適正な車間距離は道路を走る上で非常に重要である。車間距離が短すぎると、前走車の急減速、急停止に対応できないために、ブレーキをかけても間に合わず、追突事故となる危険性が高くなる。

安全な車間距離の基準は、ブレーキをかけようとした時から実際にブレーキがかかるまでの間(空走時間)にクルマが進む距離である空走距離に、ブレーキが効き始めてから車が停止するまでの距離である制動距離を足した停止距離である。

また、一般的に高速道路では、時速を距離に置き換えた数値(時速100キロなら100m)が安全な車間距離であるといわれており、一般道路では、時速30〜60キロ走行のときなら、時速から15を引いた数値(時速60キロのときは45m)以上が必要だとされている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<121>  2009.2.12更新