しゃないはんばい

車内販売

車内販売とは、列車やバスの車内において物品を販売するサービスのこと。駅弁やお茶、ジュースのほか、ビールや日本酒、おつまみ、お土産品などをワゴンなどに乗せて車内を巡回する。新幹線や特急、一部快速やグリーン車で行われているサービスで、土・日・祝日のみ、車内販売をおこなっている路線などもある。

JRなど鉄道各社が、サービスを行う会社へ委託していることが多い。JR東日本では、グループ会社である日本レストランエンタプライズ (NRE)へ委託している。

日本における車内での飲食物販売は、1899年に山陽鉄道が食堂車営業を開始したことに始まっている。

現在、JR東日本内での車内販売では、現金のほか、電子マネーであるSuicaPASMOICOCAKitacaの使用も可能である。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<214>  2009.9.3更新