しゃないいんたーねっとせつぞくさーびす

車内インターネット接続サービス

車内インターネット接続サービスとは、東海道新幹線のN700系の車内で利用できる無線LANによるインターネット接続サービスのこと。東京‐新大阪間で利用できる。IEEE 802.11b/gに準拠した無線LANのアクセスポイントが車内に設置され、対応する機器からのインターネット接続が可能になる。アクセスポイントの利用は無料だが、公衆無線LANサービスを提供する事業者との有償契約が必要となる。

NTTコミュニケーションズの「ホットスポット」や、NTTドコモの「Mzone」、「mopera U」、ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」、UQコミュニケーションズの「UQ Wi-Fi」、NTT東日本の「フレッツ・スポット」といった公衆無線LANサービスの利用が可能である。通信速度は理論値で最大2Mbpsとなっている。

/
/
<830>  2011.12.1更新