きょりひょうしき

距離標識 【 キロポスト 】

距離標識とは、各高速道路路線の起点からの距離を示す距離標のこと。道路管理のために国道やその他の主要な道路路肩や中央分離帯などにも設置されている。

その路線の起点などから約何キロの地点であるかを示すもので、形状は様々なタイプがある。一般的には1kmおきに三角すいの石柱があり、百米標といって100mおきにも黄色のプレートが設置され表示されている。

起点となる地点には0キロポストといわれる標識が置かれるが、他のキロポストとは異なりデザイン性の高いものが多く見られる。

起点からの現在地がわかるため、例えば、国道1号の10Km付近にいます。などというように目印として使用できたり、目的地までの時間を予測したりするときに便利である。また、鉄道にもキロポストがあり、河川にも河口または合流点からの距離を標示するキロポストが設置されており、河川や河川敷の管理に利用されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<140>  2009.3.2更新