こしのシュクラ

越乃Shu*Kura

越乃Shu*Kuraとは、JR東日本が運行する酒をコンセプトにした観光列車のこと。JR信越本線の高田駅からJR飯山線の十日町駅までを走る。車内で日本酒の試飲やジャズの生演奏を楽しめるのが特徴。2014年5月2日に運行が開始された。

列車は3両編成で、外装は青みを帯びた黒である伝統色の藍下黒と白色でカラーリングされ、車内には景色を展望できるペアシートや日本酒を提供するカウンターなども設置されている。新潟の地酒が無料でふるまわれて試飲できるほか、500円のクーポンを購入することで5種類の地酒の利き酒に挑戦することも可能。また、イベントスペースではジャズミュージシャンによる生演奏も行われる。

列車名の「越乃Shu*Kura」は、越後、酒、蔵という意味に加え、「*」が米、雪、花を表しており、越後の酒蔵と豊かな自然をイメージしている。なお、運行は金土日と祝日を中心とした1日1往復となり、6月末まで。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1081>  2014.5.25更新