こうくうきねんりょうぜい

航空機燃料税

航空機燃料税とは、航空機の燃料として利用される炭化水素油および炭化水素混合油に課される税金のこと。航空機燃料税法によって規定されている国税で、航空機の所有者や整備試運転者に課される。

課税場所は燃料の積み込み地で課され、税率は1kLにつき2万6千円となっている。月ごとにに積み込んだ燃料を報告し、納付することが義務付けられている。

航空機燃料税の使途は国の空港整備、空港関係市町村、空港関係都道府県に支払われ、航空機の騒音防止対策などにも利用される。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<601>  2010.8.19更新