じどうしゃじゅうりょうぜい

自動車重量税

自動車重量税とは、車検などの際に自動車の重量などに応じて課税される税金のこと。自動車検査証の交付などを受ける、また、車両番号の指定を受ける人が納税義務者となる。自動車購入時や車検時がそれにあたる。国税なので、国に対して申告・納税する。原則として、税額に相当する金額の自動車重量税印紙を自動車重量税納付書に貼って納付する方法となる。自動車重量税印紙は、陸運局の売店で販売されている。税率は自動車の区分、車検有効期間や車両重量などによってあらかじめ決まっている。2005年からは自動車重量税の廃車還付制度が適用され、ディーラーなどの引取業者へ引渡された自動車検査証の有効期間内の使用済自動車が対象となる。使用済自動車の不法投棄の防止、また、リサイクル促進が目的で、ディーラーなどの引取業者から使用済自動車が解体された連絡を受けた時に、運輸支局などにおいて行う解体を事由とする永久抹消登録申請又は解体届出と同時に還付申請の手続きを行うことができる。自動車重量税は1971年から導入されていて、道路を使う自動車所有者に道路整備の財源を負担してもらうという観点から始まっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<16>  2007.12.4更新