じどうしゃせんようどうろ

自動車専用道路

自動車専用道路とは、自動車専用の道路のこと。高速道路の中のひとつといえる。125cc以下のバイクや自転車歩行者などは通行することができない。

日本では、高規格幹線道路(高速自動車国道や一般国道自動車専用道路)、地域高規格道路(一部を除く)、道路運送法の自動車道などがあげられる。

ただし、法律上の明確な定義があるわけではなく、自動車専用道路は法令で一覧などにはなっていない。

また、一般国道なので自動車専用道路ではないが、自動車専用道路と同等の通行規制がなされているという道路もあるので要注意。制限速度も各自動車専用道路で違ってくるので標識に従う必要がある。無料自動車専用道路と有料自動車専用道路がある。

自動車専用道路は高速道路と同等の規制がしかれるため、125ccをこえた自動二輪車の場合でも免許取得から3年以上たたないと二人乗りは認められていないことなどは同じである。認められていない条件などで通行し、違反した場合には反則金が課せられる。

対義語としては、自動車、原動機付自転車、自転車、軽車両、歩行者など、あらゆる交通の用に供する道路である一般道路がある。

/
/
<81>  2009.1.5更新