はねだくうこうディーかっそうろ

羽田空港D滑走路

羽田空港D滑走路とは、羽田空港の第4番目の滑走路のこと。羽田空港の発着枠を増やし、将来の国内航空需要や国際線定期便の受け入れを増やす目的で増設されている。D滑走路整備後は羽田空港全体として年間40万回以上に増強することを目的としている。2010年10月に完成し供用が始まる。

D滑走路は羽田空港のさらに沖の海上に独立する形で建設されるのが特徴で、2,500m の滑走路と誘導路、進入灯橋梁、保安施設、付帯施設等が整備される。連絡誘導路により現空港と接続される。また、多摩川の河口付近に建設されるため、川の流れを阻害しないよう、3分の1が埋め立てではなく、桟橋によってつくられている。

D滑走路が完成し国際線定期便が増便されるのに合わせて、羽田空港には新国際線ターミナルが2010年10月にオープンする。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<591>  2010.8.10更新