はねだくうこう

羽田空港 【 東京国際空港 】

羽田空港とは、東京都大田区にある空港で、1931年に開港された。敷地面積は1,271ヘクタールで、IATA空港コードはNRT、ICAO空港コードはRJAAとなっている。羽田空港は東京モノレールで浜松町から20分以内であるなど、都心からのアクセスが成田空港と比べてもよいことがメリットとなっている。

羽田空港は2つの国内線ターミナルを持つほか、2010年10月からは新国際線ターミナルが加わり、同時期に滑走路が4本に増え、飛行機の発着枠が増すことになる。国際定期便が国際空港としての役割が増す。

成田空港が完成するまで、国内線と国際線就航する空港として多くの定期便が就航していたが、定期便の増加とともにキャパシティに問題が生じはじめ、成田空港を建設して国際線を移転させることになった。こうして、基本的に羽田空港は国内線、成田空港は国際線という内際分離原則が置かれた。

しかし、近年では羽田空港を再び国際空港とする動きがあり、上述のように新国際線ターミナルが建設され、複数の国際線定期便が就航することになっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<604>  2010.8.21更新