だいにとうめいこうそくどうろ

第二東名高速道路

第二東名高速道路とは、東名高速道路の混雑緩和を目的として作られる高速道路。神奈川県の海老名南JCTから愛知県の豊田JCTを結ぶ予定。東名高速道路に沿うように作られ、大部分で東名高速道路よりも北側を通る。

日本の物流大動脈である東名高速道路、名神高速道路混雑が著しいため、第二東名により交通を分担することで、日本の物流を促進することが期待される。2009年現在、工事中であり、最も早く完成する区間は御殿場JCT〜引佐JCTで2012年の予定となっている。全面開通は2020年以降を予定している。

なお、第二名神高速道路も工事中であり、一部の区間で新名神高速道路として開通している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<201>  2009.8.18更新