ふくおかきたきゅうしゅうこうそくどうろこうしゃ

福岡北九州高速道路公社

福岡北九州高速道路公社とは、地方道路公社法に基づき、福岡市及び北九州市の区域並びにその周辺の地域において指定都市高速道路を建設・管理するため、1971年に出資・設立された地方道路公社のこと。

福岡都市高速道路と北九州都市高速道路の一部9.6Kmを開通以来、路線を拡張していき、現在では98.2Kmを供用し、さらに整備を進めている。それぞれの都市高速道路は、独立採算で運営されている。

北九州都市高速は、県と北九州市が出資しており、道路法上では北九州市道である。また、福岡都市高速は県と福岡市が出資しており、道路法上は福岡市道となっている。道路の整備のほか、維持・管理、また交通管制などによる渋滞・事故対策や、高速道路の高架下空間の有効利用などを行っている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<158>  2009.3.23更新