しゃかいじっけん

社会実験

社会実験とは、道路や交通に関して、新たな施策を本格的に導入する前に、場所と期間を限定して試行する取組み。国土交通省道路局により1999年より実施されている。社会実験を実施することで、新しい施策の課題や効果などを、本格導入の前に把握することができ、結果として不都合な施策であると判明した場合は、中止にすることもある。

社会実験として、2008年3月から生活対策として全国の高速道路の料金引き下げを実施しているほか、愛媛県松山市では歩行者、自転車優先の道路へ再構築を図る実験、岐阜県白川村ではパーク&ライドなどを用いた公共交通機関の利用促進をはかる実験などが実施された。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<361>  2009.12.26更新