しろキップ

白キップ 【 白色切符 】 点数切符

白キップとは、反則金のない軽微な交通違反を犯したときに、警察官や交通巡視員から渡される書類のこと。反則内容や反則をした日時、ドライバーの情報などが記載されている縦に長い長方形の白い書類となっている。反則金が伴わないが、軽微な反則であるため、違反点数は加算される。白キップとなるのは、シートベルトやヘルメットの未装着などの反則となっている。

なお、青キップは反則金を納める必要がある際に渡される反則切符で、赤キップは青キップの反則よりもさらに重い違反を犯した場合に渡されるものとなっており、同時に罰金が科される。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<652>  2010.10.20更新