かんきょうきほんほう

環境基本法

環境基本法とは、環境に関する様々な問題について、国の政策の基本的方向性について示した法律。我々の生活に密着した微細な内容から、地球規模での協調を推進するものまで様々である。

大量生産、大量廃棄型の社会経済システムに移行し、問題が複雑化・多様化したことに対応するために、平成5年11月に制定された。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<28>  2008.3.11更新