ねんりょうでんちしゃ

燃料電池車FCV Fuel Cell Vehicle

燃料電池車とは、燃料電池から生み出される電気をエネルギーとしてモーターを動力源にする自動車のこと。燃料電池は水素と酸素を化学反応させて電気を生み出す電池で、排出されるものは水のみとなっており、環境にやさしい。蓄電池を積んだ電気自動車では、もとの電気の発電に化石燃料が使用されている可能性があるのに対し、燃料電池車では水素と酸素によって電気を生み出し、二酸化炭素などを排出しないことから、究極のエコカーともいわれる。

燃料電池車は自動車メーカーなどで開発が進んでいるが、2010年時点では実用される段階には至っていない。燃料電池に使用される触媒のコストの高さや水素製造技術が未確立である点に加えて、水素を供給するインフラが整っていないことが課題となっている。

/
/
<667>  2010.10.29更新