しょうなんライナー

湘南ライナー

湘南ライナーとは、東海道線の東京-小田原間を結ぶ座席定員制の通勤用のホームライナーのこと。乗車には、500円のライナー券が必要である。1986年に「湘南ライナー」として登場したが、2001年12月に運行開始した「湘南新宿ライン」との混同を避けるため、2002年12月より、上りは「おはようライナー新宿」、下りは「ホームライナー小田原」と改称した。

東海道線は通勤時間帯の混雑が厳しく、混雑解消と着席乗車率の向上のため、グリーン車が利用されていたが、グリーン車の人気を受け、更なる着席率向上のために、湘南ライナーの運行が開始された。使用車両は東海道線の特急「踊り子」として利用される車両である185系がほとんどを占めるが、更なる座席確保のためにオール2階建車両である215系も4編成で導入された。ほかに、「あずさ」「かいじ」にも使用されているE257系が導入されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<873>  2011.12.23更新