じゅうたいがく

渋滞学

渋滞学とは、渋滞を解消するための学問で、東京大学の西成活裕教授が開拓した。

発想の背景には、物理的発想がある。渋滞の原因は、人を自分自身で動くことのできる自己駆動型の粒子とみなした時、粒子が集団になった際に起きるとしている。渋滞に差し掛かる前に、速度を落として走ることで渋滞を回避しエコにも移動時間短縮にも繋がる渋滞吸収運転法などを提唱している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<434>  2010.2.19更新