じゅうたいきゅうしゅううんてん

渋滞吸収運転

渋滞吸収運転とは、速度を落として走行することで渋滞を回避する運転法で、東京大学の西成活裕教授が渋滞学で提唱した。

渋滞表示を見た際渋滞に差し掛かる前にスピードを落とすことで、渋滞に巻き込まれる可能性の低下につながるとしている。結果的に渋滞の解消に貢献し、ブレーキを踏む回数が減ることで燃費を向上させることもできる。さらに、車間距離をつめて運転したときよりも、時間短縮に役立つという実験結果もでている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<435>  2010.2.19更新